精神科就職前に勉強しておいた方がいい事:現役精神科看護師おススメの本!!

おススメ記事

こんにちはー意識低い看護師のはむです

今回は質問箱回です

以前、質問箱にこんな質問がありました


そうですね。精神科に転職を考えている人、精神科への就職を考えている人は何を勉強していいか不安になりますよね

あれこれ本を買ったはいいものの、結局使わなかったり読まなかったりすることも多いと思うんですよね

そんなお金の勿体ない事をするのもどうかと思います。

そういう系の本は安値でしか売れないですしねー

そこで今回は【精神科就職前に勉強しておいた方がいい事】というテーマで記事を書いていきたいかなと思います


それでは早速行ってみましょう!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

疾患・症状の勉強は後回し!


「お前、何言っているんだ?」と言われてしまいそうですが、

精神疾患やその症状についてはもう後回しで良いよね?って思います

それは何故か


精神科って人によって同じ病名がついていても、症状が全く異なる領域です

んで、いざ就職前に全てを勉強しようとしても、情報量が膨大すぎて覚えられません

たとえ覚えたとしても、いざ実際患者さんの状態を見た時に「あれ?これなんだっけ?」となると思います。

症状名として覚えたとしても、症状の内容は人それぞれですし、実際の症状と覚えた症状名がむずびつかないなんてことは多々あります


だからその辺は、いざ就職して、患者さんとの関わりを持ってから勉強すればいいのかなと思います

患者さんの実際を、疾患名・症状名と結びつけることで、初めて知識として自分に身につくことが多いのかなと思います


あと、配属先によって患者層も変わってきますのでね。勉強した内容が全然使えないなんてことはままある話ですね


どのような精神疾患があるかくらいは勉強しても良いと思いますが、就職前の自己学習としては後回しでも良いのかなと言った印象です


だから、そんなに本って読まなくてもいいのかなと思います。

それこそ質問内容の中にある

らへんを読んでいただければ十分なのかなと思います

私の本の使い方


この上記2つの本は是非読みこんでいただきたいなと思います。

私は何冊も本を買うことはありません

本って高いでしょ?高いから全部読み込んで、実践に生かしたくなるでしょ?

読み飛ばすだけならその本の価値は無価値となり下がります。資産ではなく負債になり得ます


だから私は買った本は読みこむようにしています

んで実践に使えるようになるまで、何度も読み返します



ほんとに看護師さんってハウトゥーコレクターが多いので、勿体ないなぁって日々思ったりします


本を買うタイミング


いやね?本を買うなと言っているわけではないんです。むしろ積極的に買った方が良いとも思います

ちゃんと厳選しようねって話しです

じゃあ、どんなタイミングで本を買うかと言われれば「自分の知識不足を感じるとき、自分の深めたい知識がある時」で良いんじゃないかなと思います


特に精神科は働く領域により、必要な知識や技術は変わってきます

そこで実際に働いてから、必要だと感じる項目についての本を買えばいいのかなと思います


就職前に闇雲に勉強するのははっきりいって時間と労力の無駄だと思いますので、もしドキってした方は気を付けてくださいね



一番優先順位の高い、勉強すべきこと


「じゃあ何を勉強すべきなの?」と聞かれると

私はいつも「ヘンダーソンの基本的欲求の14項目勉強しよ。もし面倒くさかったらマズローの5段階欲求説見といて」と伝えるようにしています


精神科で働く上で最も必要な視点は【患者さんの未充足な欲求を見つける】だと私は考えています

身体科でもそうなんですけどね。

精神科ではより高次な欲求が未充足であることも多く、この基本的欲求がクローズアップされやすい領域なのかなと思っています


わりとその辺の視点が抜け落ちている看護師さんは多いと思います

その辺をアセスメントせず関わることにエビデンスはあるのか?とも私は思ってしまいます


熟練の精神科看護師なら、意図せずともその辺をアセスメントし介入していくのですが、我々年数の浅い看護師は知識を持って看護しないと、方向性がブレブレになることも多いです


なので、入職前に一番読んでおくべき本はこれ


ヴァージニア・ヘンダーソン著の【看護の基本となるもの】だと私はいつも回答しています


持っている人は多いんじゃないでしょうか?看護学校入学時に一番初めに渡される本であることが多いですもんね

どこかにいった方は部屋ひっぺ替えしてでも探してみてください

捨てた人は買ってください

それくらい重要な本であると思います


読み込むのが辛いなら流し見でもいいです。

そしてその視点から患者さんたちを見てほしいなと感じます



私の回答に納得しない方へ


「お前が不勉強なだけだろ!もっと実践的なことを教えろよ!」なんて言いたい人も多いと思います。

もっと実践的な勉強方法や本について知りたいという方はこの記事をご参照ください



画像クリックで記事に飛べます。



あと、違うブログになりますが、おススメの記事をご紹介します

同じ精神科看護師ブロガーのハチさん@nursehachiblog の【保存版】精神科看護師歴5年が教える精神科必須の13の勉強法とおすすめ本25選

です。私の記事で事足りないなら是非こちらのブログも参照していただけたらなと思います

あなたの知りたい情報はほぼここに網羅されているのではないかなと思うくらいのボリュームなので、是非おススメさせていただきます

まとめ


今回は【精神科就職前に勉強しておいた方がいい事】というテーマで記事を書かせていただきました


なんせ未体験の領域だと思うので、不安に思うことは色々あると思います

そんな時に一番大切なのは、やはり看護の基本なのかなと感じます


そんなわけでこの記事を終わりたいと思います


またね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました