社畜看護師からの脱出方法

生きるための戦略

こんにちはー意識低い看護師のはむです


前回【こんな人が社畜看護師!あなたは社畜??】という記事を書きましたが今回はその続きとなります

前回の記事で社畜看護師について書きましたが、皆さん知りたいのはそんなことじゃないですよね?


「どーしたら社畜辞めれるんだよ!!」

ですよね?

なので今回は脱社畜看護師の方法について書いてみたいと思います

それではいきましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

労働力を搾取されないようにしよう


さて前回の記事から【労働力を搾取される】というワードがたびたび出てきます

社畜看護師とは

【組織(病院等)から労働力(資格・スキル・時間・体力・メンタル)を搾取されている人たち】

と言いかえることが出来ます

つまり【組織(病院等)から労働力(資格・スキル・時間・体力・メンタル)を搾取されない】

ようになることが社畜看護師からの脱出条件となりそうです

その条件を達成するのには

  1. 組織が喉から手が出る程欲しい人材になる
  2. 労働力を過度に搾取されすぎないような意識・働き方に変える
  3. 組織から搾取されないため独立する

の3つの選択肢があると私は考えています

以下に詳細を書いていきたいと思います



組織が喉から手が出る程欲しい人材になる


これ、どういうことかと言いますと

【その人しかできないスキル・知識を持つ看護師になる】ということです


もちろんこれを書いている私はそんな看護師ではありませんので

以下に書く内容は必ずしも正しいとは限りません

あくまでも私の予想と、私の身の回りの人を参考に書いています



さて【その人しかできないスキル・知識を持つ看護師】であることを組織から認めてもらうには

資格と実績・権威性が必要となってきます

例をあげると

  • 修士看護師
  • 診療看護師
  • 専門看護師
  • 一部の認定看護師
  • 看護大学勤務での教育・研究経験者
  • 労働生産性を高めた実績のある師長クラス以上の管理職経験者

などがあげられると思います

誰からどう見てもレベル高そうな人たちですよね

そういう人材は組織からめっちゃ欲しいと思われるはずです

そういう人材は組織からすると良い広告であり職員の労働生産性を高めてくれる存在ですからね

そりゃ欲しいでしょう

人によってはヘッドハンティングされていくような人材もいます(実際ヘッドハンティングされているのも見たことがあります)


そのような方々は自分への報酬についても組織に交渉できるでしょうし、交渉不成立なら別の自分の専門性を生かせる職場を探せばいいだけですし

職場への自由度や搾取されない程度の報酬についての交渉力は高いのではないでしょうか

(その人たちがどうしても働きたいと思う職場があった場合は別だと思いますが)


私はそのような人たちを【意識高い看護師】と呼んでいます。私と対極の存在です

そのような人材になるまで自己を高めることが出来た場合

組織から搾取される看護師ではなくなるのではないかと思います


その代わり自分の身分に見合った成果を出さなければいけないというプレッシャーはあるでしょうけどね!


※ 病院の命令で大学院に行かされた、認定看護師とらされた、管理者にさせられたという人で

その資格で職場の労働生産性を上げろと言われた人は【意識高い看護師】というより【上流社畜看護師】なんじゃないだろうかと思います

折角これからの看護業界をけん引できる資格なのに、それを職場のためだけに使えって言われてる人たちですもんね

立派に搾取されています


労働力を過度に搾取されすぎないような意識・働き方に変える

さて、上に書いた【組織が喉から手が出る程欲しい人材になる】です

私はそんな看護師になれませんしなる気もありません

殆どの看護師がそうなのではないでしょうか

もーねー

どこまで労力・時間・費用がかかるのか分からんので、


そんな看護業界をけん引する人材になんてなりたくないですよ私は


そのような人たちは私のような意識低い看護師になる

そこまでいかなくても自分が余裕を持って働ける職場へ転職すればいいだけだと思います


意識低い看護師については下記の記事を参照でよろしくお願いします

意識低い看護師のすすめ
https://notautinurce.com/2021/07/07/hamuns123/



もーね、むしろ組織から搾取してやろうとするくらいのマインドです

業が深いです

そんなに極端な考え方には至らなくてもいいので

とりあえず自分が余裕を持って働ける職場への転職に成功したら脱社畜看護師できたと言っていいかもしれません


どうしてそれで脱社畜看護師できるのかについて説明しますと


これまた【労働力を搾取】というワードに関係してきます

例えば
労働力を搾取されている看護師の給料の内訳は

労働力(看護師という資格 + 基礎時間拘束 + 残業代(サービス残業含む) + 体力(HP100のうち100使用) + 精神力(MP100のうち100使用) = 給与

というものになります

赤文字の部分が組織が搾取し、病院の利益に変えているものになります

一方自分が余裕を持って働ける職場で働いている看護師の給料の内訳は

例えば社畜看護師より4/5程度給料が少ないと考えても

労働力(看護師という資格 + 基礎時間拘束 + 体力(HP100のうち10使用) + 精神力(MP100のうち10使用))= 4/5給与

となります

給与が例え4/5給料が減ったとしても、後者の方が圧倒的にコスパが良くないですか?

時間も体力も精神力も搾取されていません

このような職場であれば労働力を搾取されているとは言いづらくなるのかなあと思います

さらに!

余裕の出た時間で

  • 意識高い看護師になるための勉強が出来たり
  • これからの資産形成のためのお金の勉強が出来たり
  • 健康維持・向上のための取り組み(運動する時間や自炊する時間の確保)をできたり
  • 副業したり
  • 趣味に費やす時間を増やせたり

身体にも心にも経済的にも社畜看護師時代に比べ豊かになる可能性が高まります


組織から搾取されないため独立する

さて、組織から搾取されないために最もいい方法は独立するというものになります

しかし私は独立していませんし

一口に独立するといっても方法は多岐にわたりますので

今回は書きません

ただ、社畜看護師から脱出するために専門家・コンサルタントなどを謳う人に多額を渡して独立の勉強をして指南してもらうなんて馬鹿な行動は辞めましょう

ちゃんと自分で調べて・相談する人を精査して・勉強して独立に向けて動きましょう

搾取される対象が変わるだけですので注意してください


いやね・・・そんな人過去にいたから一応・・・


注意書き


今回の記事はあくまで「社畜を辞めたい」人向けに書いてます

「この職場から離れたい・・・!」って人向けに書いていません

特に年数の浅い人や職場をただ離れたいってだけの人は

自分に精神症状や身体症状が出現し自分のQOLが著しく低下していないかを確認してみてください

もしそういう症状が出ていない人は「この職場から離れたい」じゃなくて「社畜を辞めたい」という気持ちになってから動いてみてはどうでしょうか

「この職場から離れたい」気持ちだけで辞めると

良く調べもせず転職して失敗したり

最初の転職が失敗体験となって自己肯定感の低下を招いたり

あんまりよくないことが起こるかもしれません

注意ですよ!

まとめ

今回は脱社畜看護師の方法について書いてみました

でもね?世の中に溢れている社畜看護師さんたちが、現代日本の医療を支えているんです

そもそもそんな経済構造な日本が間違っているのかもしれませんが、そんなことは意識高い人たちに任せて

私たちは社畜看護師から抜け出しましょう


私たちは他職種より社畜から抜け出せやすいはずなんです

なんせ【現在】は有効求人倍率2.29倍の職種ですから、いい職場は見つけやすいはずです

とりあえず辞めたいという方はこういう退職方法もあるよ!って記事をご紹介しておきます

https://notautinurce.com/2021/05/20/nstaisyokudaiko/






では!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました