【精神科領域は男性看護師が多いから男性にとって働きやすい職場】という噂は嘘か誠か

men'snurse精神科病院への就職・転職

当ブログは看護師をテーマにしているのですが、どうも男性の閲覧者が女性を上回っています(アナリティクスより)

それだけ男性看護師・看護学生が精神科への関心を示しているという事だと思っています


さて皆さんはこんな話を聞いたことは無いでしょうか

「精神科領域は男性看護師の比率が高いため、男性には働きやすい職場だよ」

確かに他の診療科と比べ、精神科病院の男性看護師の比率は非常に高い職場となっています


ということで今回は【精神科病院と言う職場は本当に男性看護師が働きやすい職場なのか】というテーマで記事を書いていきたいと思います

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性看護師が働きやすいか否か

結論から申し上げますが男性看護師が多いからといって、精神科領域で男性看護師が働きやすいかと言われると、必ずしもそうではないと言わざるを得ません

人によりけりなのかなぁと思います

体育会系気質

ほら、よく聞きません?看護師の職場は体育会系気質なところが多いって。精神科病院でも例に漏れません

特にベテラン男性看護師が多い職場ではその傾向は顕著であるような気がします

体育会系気質な職場の最も働きづらい点として上下関係の厳しさが挙げられるのかなと思います


精神科病院では男性看護師同士での上下関係が非常に厳しい職場が存在しています

・先輩男性看護師の決定は絶対
・命令は即座に行動
・先輩男性看護師に動いてもらうなんてもっての外

・先輩は電子カルテが苦手だから、それも我らがやらねばならぬ!
・パワハラは可愛がり
・飲み会の招集は断ってはならない(呼ぶわりに奢らない)



未だにこんな感じの古臭い文化が残っている病院は数多く存在していると思います

女性看護師の上下関係も厳しい職場は多いと思いますが、男性看護師の上下関係が緩いのかと言われるとそうでもないです

私もそんな古臭い文化で育ってきましたが、もうね、高校時代の体育会系の部活を経験してなければ乗り切ることはできなかったんじゃないだろうかと思います

むしろ先輩男性看護師からのリターンが少ないように思えるので、通常の体育会系よりもギブ&テイクは成り立たない関係よなぁって思います


ただ、そんなベテラン男性看護師さんも徐々に定年を迎え、病棟から去っている傾向にあると思います。よって古臭い体育会系気質は徐々に改善傾向にもあるとは思いますが、精神科病院への就職を考える際にはそこも留意する必要はあるのかなと思います


ある程度の年数を経ないと発言力を持てない

これは前述の体育会系気質にも繋がるところはあるのですが、年数の浅いうちは発言力を持てない精神科病院は多いのかなと思います

精神科病院の平均年齢は、他の診療科と比べると高めな職場が多いです

10年目、30代でも若造扱いされる職場は多いのではないでしょうか

例えば「この病棟の、この業務は無駄が多いから改善が必要だ」と業務改善を提案しようとしても、それを良しとしない保守的なベテラン男性看護師から議論の余地もなくでその提案をつぶされるだなんてことは日常茶飯事です

若手男性看護師が出る杭になると、ベテラン男性看護師に徹底的に打たれるだなんて話はあるあるです

その現実に絶望し、退職される中堅クラスの男性看護師は案外多いです


私の感覚的なものとしては30代後半、下手したら40代にならないと発言力を持てない職場が多いのではないだろうかって思っています

新卒を多く採用する精神科病院はその限りでは無いんじゃないだろうかとは思いますけどね


別にこの問題、男性看護師だけの問題では無いんでしょうけどね

徒党を組みたがる

これも体育会系気質に繋がる話ですが、男の役職者やベテランは男性看護師の中で徒党を組みたがる傾向にあるように思います

徒党を組むだけなら可愛いもんですが、派閥を形成することもあり、面倒くさい事態になっている職場もあると聞き及んだことは有ります


んで巻き込まれるのは我ら若手です

男性看護師飲み会の定期開催とかだけならまだいいのですが(ずっとお酌にまわったり、過度に飲まされたりするから嫌なんですけどね)、徒党トップの趣味(アウトドア全般・ゴルフ・釣りなどなど)に付き合わされることもしばしばあり、プライベートを徒党に捧げる事態に発展する可能性もあります

色んなクラスターに所属する羽目になると、ほんとプライベート無くなりますね

お金も飛んでいきます

かといって、そのような活動を頑張ったとて出世するかどうかには直接関係は無いですしね


しかし、断ると可愛がりを受けるなんてことも往々にあり、なかなか断れないのも現状です

私も新卒で就職した精神科病院を辞めた理由の一つにこの徒党が嫌すぎたってのがありました


男性看護師の陰湿化

ほら、女性はよく言うじゃないですか

「男性同士ってカラってした関係で良いよね!女子はホント陰湿でさー!」って。

それ、間違いです


私は中高男子校で過ごした経験から述べますが

男にも陰湿な人間は存在しますし、集団になればなるほどその傾向は顕著になります

似たような例が女子校にいる女子生徒の男性化じゃないでしょうか

男性が多いと真逆の現象が発生します


別に変な噂を流すのは女性だけじゃないです

自分のいう事を聞かない若手看護師に怒ったオジサン看護師が、持ち前のネットワークを使い、あられの無い噂を流すだなんてよく聞く話です

女性人気の高い男性看護師を呼び出して「お前、調子乗るなよ?」と釘を刺しにかかる先輩男性看護師の話もわりとよく聞く話です

飲み会を断っただけで、業務に支障が出るレベルで口を聞かなくなる男性看護師もいるくらいです

これ、陰湿だと思いませんか?いわゆる男性看護師のお局化とも言えます

同年代の男性は必ずしも多いわけではない

こんなクソみたいな縦社会の男性精神科看護師業界ですが、残念ながら頼みの綱の同世代男性看護師も多いわけではありません

特に若手はその傾向が顕著かもしれませんね

理由は簡単です。精神科は新卒看護師の採用者数が少ない領域なんですよね

1年に10人もとれば多い方なんじゃないでしょうか?全く新卒採用していない精神科病院も少なくないですしね

10人採用したとしても、全員が全員男性看護師とは限らないです

若手看護師の絶対的な母数の少なさがある故、若手男性看護師の同期は他領域(特に採用者数の多い身体科急性期病院など)に比べると少ないんじゃないかなと思います

病院によりけりでしょうけどね

注:全部が全部そんな職場ではないし、めんどいベテランもごく一部

あれ?書いてて不安になってきたんですけど、もしかして私の勤めてきた環境が、ただただクソだった説ありません?

もしそうだったら悲しい・・・


そんなベテラン男性看護師が覇権を握っている、そんな精神科病院ばかりではないと思います

それにベテランの悪口ばかり書いてきましたが、全員が全員そんな悪い人間では無いです

ごくごく一部のめんどくさい人がいるってだけで、概ね皆さん優しいです

誤解しないでくださいね!

私も精神科のネガティブキャンペーンをしたいわけでは無くて、ちゃんとリスクも踏まえて精神科への就職を検討していただきたいだけなので、こーゆー記事記事書いてるだけです

☆保存版☆就職先の精神科病院を選ぶ時に見るべきの7つポイント【精神科志望の看護師・看護学生必見】
https://notautinurce.com/2021/07/04/hamuns836/

男性看護師が他の診療科と比べると精神科で働きやすい点

さて、上記で男性看護師(若手)の働きにくさを見て「うわぁ・・・やっぱ精神科への就職辞めよ」って思ったあなた

大丈夫です、ちゃんと男性看護師が他の診療科と比べ精神科で働きやすい点もありますので、そちらもご覧ください

男性嫌いな女性看護師は少ない

たまにいませんか?男性看護師を毛嫌いする女性看護師

私が学生時代でも「男が看護師になるなんて!」みたいな考えの教員は比較的多かったような思い出があります

精神科病院においては、そのような考え方の女性はほぼほぼいないんじゃないかなと思います

男性の多い精神科病院でそれを叫ぶ人は自然と淘汰されていくでしょうしね

あからさまに男性看護師にだけ対して優しくしてくれるお局看護師さんもわりと多くいますし、そこのところは男性は働きやすいんじゃないのかなぁと思います


女性同士のドロドロな人間関係には巻き込まれにくい?

やっぱり男性看護師からみて、女性看護師間でのドロドロな人間模様は凄いなあと思います

なんのためにその陰謀を企んでいるの?って思うことは多いですが、それはさておき

男性看護師、立ち回り次第では、その陰気な人間関係のいざこざには巻き込まれづらいんじゃないかなと思います

女性看護師さんの中にはどんだけ立ち回っても、巻き込まれてしまう方も多いような気がしていますので・・・

というか、男性看護師が多い職場になると、そこまでクソみたいな人間関係が構築されていることも少ないような気はしていますが、やはり職場によりけりでしょうけどね

たまに正義感の強い男性看護師は果敢にそのドロドロな人間関係に突っ込んでいきます。尊敬です

女性看護師から頼りにされる場面は多い

やはり精神科、男性看護師の力が必要な場面は数多く必要とします

男性看護師の腕力が必要な場面もありますし

どうしても女性看護師にだけ高圧的に出る患者さんも少なくありませんし、患者さんからのセクハラなんかも多いです


勿論女性看護師の出番が必要な場面も多いんですけどね


そんな時、女性看護師から頼りにされるのは、ちょっと嫌な思いをすることも多いかもしれませんが、ぶっちゃけ嬉しかったりもします

これも働きやすいポイントの一つかなぁとは思います

男性看護師で有ると言うだけで目立たない

男性看護師の少ない職場にいる男性看護師は、どうしても目立ちがちになります

目立ちたい人はそれでいいのですが、目立ちたくない人にとってはたまったもんじゃないですよね

精神科病院は男性看護師の多い職場ですので、男性であるという理由だけで目立つことはそうそうありません

目立ちたい、存在感を出していきたい人にとっては、もしかしたら働きにくい職場かもしれませんけどね


ポロリもあるよ
https://notautinurce.com/2021/07/18/seisinnsosusume/


まとめ

【精神科病院と言う職場は本当に男性看護師が働きやすい職場なのか】 というテーマで今回は記事を書いてみました

別に男性看護師だからと言って、無条件に精神科病院が働きやすいかと言われると微妙な所です

その辺も加味しつつ、精神科への就職を考えていきたいですよね


では!




コメント

タイトルとURLをコピーしました